血圧を下げるには薬に頼るしかないの?

血圧を下げる方法

 

血圧が高い場合は病院で降圧剤を処方してもらうというのが一般的な方法だと思います。

 

健康診断の数値が悪化

 

わたしも3か月ほど前に受けた健康診断で血圧が高く治療したほうがいいという判定だったので近所の病院で降圧剤を処方してもらいました。

 

ですが降圧剤の薬を飲み続けているうちに頭痛やめまいなどの副作用の症状が出たので心配になって、同じ高血圧の薬を飲んでいる会社の同僚や友人、本などで調べたところ降圧剤は副作用があって依存するのは好ましくないということが分かりました。

 

降圧剤の長い間使い続けていると薬の成分に対して耐性が少しずつできるので、交感神経がますます高ぶってしまいそれを抑制するためにさらに強い効果のある薬や量が増えるなど薬から抜け出せない体になってしまいます。

 

あくまでも降圧剤の薬は血圧を一時的に下げる効果しかなく高血圧自体は治っていないのです。

 

高血圧を根本的に治療したい場合は薬に頼るのではなく普段の食事などの生活習慣を見直す事が大切です。

 

薬に頼らずに血圧を下げる効果的な方法

 

 

降圧剤の色々な副作用

 

降圧剤には副作用があり頭痛や動悸、めまい、ほてりや発熱などの症状が報告されています。

 

また降圧剤を常用してしまうと重要な器官である目や脳への血流が悪くなってしまい緑内障や白内障、認知症などのリスクが高まります。

 

現在、降圧剤として使用されている薬の中には本来は血圧を下げる用途で開発された訳ではなく、他の病気の予防、治療で使用する過程で血圧を下げる効果があると分かって高血圧対策に用いられるようになった薬もあるので当然使い続けるうちに体に思ってもいなかった反応を引き起こす危険もあります。

 

降圧剤の薬にはこのように副作用も多いのでできれば薬を使わずに血圧を改善したいという方は多いと思います。

 

薬に依存したままでは健康な体を取り戻すという本来の目的からは遠ざかってしまうしまうことにもなりかねません。

 

高血圧治療の初期段階の対処法として降圧剤などの薬を使用するのはいいと思うのですが常用は体を逆に痛めつける結果になってしまいかねないという事を頭に入れておく必要があります。

 

もちろん医師に相談したうえで治療方法は決めていくべきですが、あまり薬を使いたくない場合は自分の希望をちゃんと伝えることも大切だと思います。

 

やはり生活習慣を改善して食事や運動などの自然な方法で血圧を下げる方法が望ましいのは誰しも分かっていることと思います。

 

 

血圧が高すぎて緊急に下げないといけないという場合にはもちろん降圧剤は効果的ですが、根本的な治療にはなりません。

 

はじめのうちは薬を使って高い血圧を下げることも大事ですが、薬をのみつつ同時に生活習慣を徐々に改善していくことが本当の意味で高血圧を改善する近道です。

 

薬を飲んではいるけど他には何もしていないというのであればこの先ずっと薬に依存する事になってしまいます。

 

徐々に薬からは離脱して降圧剤なしでも健康な生活が送れるように生活習慣を改善していきましょう。

 

 

魚に含まれるDHA・EPAが血圧を下げるのに効果的

 

血圧を下げるために最初に見直すべき生活習慣はやはり普段の食事です。

 

塩分の取り過ぎや肉類などの脂の摂り過ぎが高血圧にとっては一番よくありません。

 

特に肉類の脂は血中のコレステロールや中性脂肪を増やし動脈硬化の原因になるので高血圧症と密接に関係しています。

 

コレステロールが増えることで血管の壁に酸化した悪玉脂質がこびりつき血管内皮を狭めていきます。

 

それによって血流が悪くなり心臓に負担がかかることで高血圧を発症してしまうというワケです。

 

なので高血圧の場合には普段の食事ではできるだけ脂っこい物は避け、魚中心のメニューにするようにしましょう。

 

魚の脂に含まれている脂肪酸にはDHA・EPAが豊富に含まれていて血液をサラサラにしてくれる作用があります。

 

DHA・EPAは別名オメガ3脂肪酸とも呼ばれ今、雑誌やテレビなどで取り上げられ血管を若返らせる健康成分として注目が詰まっています。

 

わたしも魚中心の食事に切り替えたことで血圧を下げることができ今では薬を服用せずに基準値内の数値を保っています。

 

ただ普段、魚を食べるだけではDHA・EPAを十分に摂取することがむずかしかったのでサプリで足りない分は補っています。

 

国が推奨しているDHA・EPAの1日の摂取量は1000mgなのですが、これを魚から摂るにはサバの切り身1枚などけっこうな量を食べる必要があります。

 

この量を毎日食べるのはさすがに難しかったので、1日の摂取量の半分をカバーできるDHA・EPAサプリメントが役だっています。

 

凝縮されたDHA・EPAが手軽に取れるので魚を普段あまり食べない方や苦手な方におすすめです。

更新履歴